top of page

【店主blog】その2

更新日:2022年11月6日


さてさて、前回では大阪編を書かせていただきましたが、今日は東京に行ったところから♡


東京の調布に引っ越し、その名の通り右も左もわからぬまま、衣装の仕事などをしていると、今の夫との出会いが。


ラッパー、MC、飲食店オーナーの彼は、ハロウィンのイベントコスチュームを依頼してくれ、そこからの流れでお付き合いすることに。


全く異なる、正反対の価値観を持っているのに、なぜか私のやる事を面白がり、うんころ姫にも興味深々。笑笑


うんころ姫の衣装を私が作り上げたころ、彼のお店の人手不足により、お店を手伝う事に。


まあ、うんこのお姫様なんて、真似する人いないやろうし、そんな急がなくても大丈夫だわ♡と、目の前の需要に応えるべく、厨房で一日中働く日々。


そこで初めてパンを習い焼いた。


すごく美味しくて、感動して、炭水化物に興味なかったのに、すっかりパン大好き人間へ変身する。



結婚の約束をし、入籍の3ヶ月前、子供を望んでいた私は妊娠した。

大喜びしたが、毎日13時間繁盛店の厨房という現実。


定休日を設けて、対策は取ったが、安定期に入るまではなるべく言わない方向だったので、つわりと疲労とでホルモンバランスは完全に壊れていった。


気合いで乗り切れるものではなかった。


初期の流産。9週目に出血があり、すぐ病院に行ったが、心拍は止まっていた。

命が当たり前に産まれて来られるものではないと思い知りました。





こんなに、後悔と絶望を感じた事は今までになかった。


よくある事だからと励ましてはもらったけれど、後悔しかなかった。



なぜ、命よりも仕事を優先したのか。



その時に、子供を育てるってことは、全身全霊で守り、1番に考えなくてはいけない。


だって、自分の子の母は私にしかできない。と。。。


私にしかできないこと。



私にしか、できないことだ。と。




前回のblogで、舞台役者以外の、私にしかできないことの模索が始まったと書きましたが、その答えが悲しいかな、この時に出たんです。

このころから、食生活なら見直し、無添加のものに切り替え始めました。





夫と話しました。

私は、誰に嫌われても非難されてもいいから、母になるために仕事を辞めて身体を休めたいと。



そんな時、不動産の契約の都合で、お店を立ち退かなくてはいけなくなったんです。



え?タイミングすごい、、、


10年続いた夫のお店は、来月末で閉店に。

沢山のお店を応援してくださった方々とお別れ。私のなんかより、ずっと夫のお店を支えてくださった方たちとのお別れ。

明るく見送って下さった優しさに感謝です。





そして、その2ヶ月後、コロナウイルスが中国で流行し始めました。



何の導きなのか、私たちはお店を閉めた後、

株式会社UNKOROHIMEを設立。


うんころ姫で、世界をハッピーにするために動き出していたんです。



私が直接、前に出なくてもいいように、アニメ制作、楽曲制作などなど。





そんな時に2度目の妊娠。


大喜びしました。



一緒に仕事をしてくださる方々も大喜びしてくださいました。いろんな方に支えていただき、感謝感謝の日々でした。



コロナ禍での出産でしたが、沢山の人に祝福していただき、幸せとは、これか!と。



人生最大の喜びでした。




しかし、コロナ、全く落ち着く気配もない。

毎日どうすれば?の繰り返し。



世の中の人、ストレスすごいやろうな。



アニメも、音楽もいいけど、まだ途中やし。

コロナはきっとまだまだ続くやろうし。



人が多すぎる東京で、子育てできる自信ないなぁ。

田舎で畑とかやりながら子育てしたいなぁ。


食糧もいつ止まるかわからんし、戦争だって起こりかねない。最悪の最悪を想定してました。


ビクビクしながら生きるなんて、まっぴらよ!

私がまっぴらなんやし、子供はもっとまっぴらよ!



ってことで、

田舎へ引っ越そうと夫に提案。

自給自足の準備をしようと。



即オッケー笑笑



ソーシャルディスタンスだらけの場所を求めて、お隣山梨へ視察♡





高速道路降りた瞬間、決まりました。




富士山最高。


山最高。


桃最高。


人優しい最高。


子供たちの曇りなき眼最高。





ってことで、東京の仕事の行き来のことも考え、お隣の山梨に引っ越しました。


何も考えずに引っ越したんじゃないんですよ笑笑




妊娠してから、田舎で畑とかしながら、畑で採れた野菜を使って、子供にパン焼いてあげたいな。とか自然の近くで暮らしたいとはずーっと思っていたんです。

祖母が無農薬野菜をずっと作ってくれていたので、私はそれを成長期食べまくっていたおかげで、ものすごく身体丈夫だったので^_^



それが、このタイミングで、たまたま波にのってすごいスピードで決まったという感じですかね。笑




そんなジェットコースターのような引っ越し。


からの、引っ越して即、山梨の舞台の舞台衣装の大口受注。


からの、親戚やお友達のために、趣味で焼いて配っていたパンをSNSに載せたら、ぜひ買いたい!とのお問合せ、、、その他諸々(長くなるので熱い想いの部分は後日)






です!笑笑笑笑




そんなこんなでpanKOROhimeつくる?って流れに。




私の性格。


どこに行って、何をしていても、お母さんみたいと言われる。


商売どがえし、手間で喜んでもらえるならいくらでも楽しくなってしまう。


何より、想いをカタチにしないと生きていけない性分。




夫の性格。


効率を重んじ、数字オタク。


自分では何も作れないけど、人が作ったものをどう活かすかは感覚でわかる人。


何より私のことを面白がっている人。



息子

天使。




こんな家族だからできるパン屋さん。


無添加で、美味しくて、簡単に食べられて、家まで愛情と栄養を届けてくれたら、、、


最高よね♡♡♡♡♡♡


世の中のお母さんを、心から尊敬しているから、一緒に頑張ろう!って気持ちをカタチにしたい♡


ってことで、うんころ姫のパン屋さんとして



無添加パン冷凍宅配専門店

panKOROhime


が出来ました♡



私の語彙力で、どこまでお伝えできているか謎ですが、私の自己紹介、panKOROhimeの自己紹介はそんな感じです(^^)



長々と書いちゃいましたが、エピソードまだまだあるんですけどね、おおかたこんな感じです笑笑



最後まで読んでくださり、ありがとうございます♡




次回は、何にしようかな笑笑


熱い想いなどを語るかもしれません笑笑


また、お暇な時に読んでいただけましたら嬉しいです♡



いつもありがとうございます♡らぶ♡









閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パン紹介【シナモンロール】

シナモン好きには必見のpanKOROhimeのシナモンロール♡ スリランカ産の有機セイロンシナモンパウダーを惜しげもなく、惜しげもなく巻き込みました。 爽やかに薫生地に練り込まれたカルダモンの香りと、巻き込んだシナモン。 そして、きび砂糖とクリームチーズと牛乳で作ったアイシングの甘みの、ハーモニー♡ 病みつきどころか、巷では中毒者宣言される方も笑笑笑笑 安心安全な無添加パンですからね笑笑 でも、中

Comments


bottom of page